「バイオ×デジタル」で新しい世界を拓く

先端バイオ工学推進機構

設立趣旨

 世界でバイオエコノミー(バイオテクノロジーが牽引する経済・市場)が急速に拡大していますが、その中核となるのが、先端バイオ工学(Engineering Biology)です。欧米や中国では重点的な研究開発により飛躍的に技術開発が進展すると共に、多くのスタートアップが生まれ、大企業と共に産業を活性化しています。先端バイオ工学は、先端的なバイオ技術、デジタル技術、ロボティックス技術を融合した革新的な技術開発を行うものですが、日本は、特に産業面で欧米の後塵を拝しています。従って、産・官・学で研究開発と事業化を推進すると共に、人材育成を行うことが急務です。

 当法人は、産・官・学の連携の下、バイオ技術、デジタル技術、ロボティックス技術を融合する先端バイオ工学の基盤開発を推進します。そして、先端バイオ工学技術により、高度に機能がデザインされ、機能の発現が制御された細胞(スマートセル)の高速育種、及びそれを利用しての工業ものづくり分野におけるバイオ化成品・バイオファインケミカル・新規材料製造等の研究開発を推進します。またスマートセル育種に加えて、ヒトの腸内環境を模したin vitro培養システム(腸管モデル)等を利用して、医療ヘルスケア・創薬分野での機能性食品・ニュートラシューティカル・医薬品の研究開発を推進します。加えて、こうした研究開発を実生産につなげるために、バイオマス育種を含むサプライチェーン開発やバイオ生産プロセス開発も推進します。そして、こうした分野を担う人材育成を行うとともに、オープンイノベーションを推進することで、日本における先端バイオ工学の研究振興と産業の発展に寄与することを目的とします。

 当法人は、神戸大学の先端バイオ工学研究センターと綿密な連携を図ることで、先端的な研究開発や人材育成を推進してまいります。

平成30年10月1日
一般社団法人先端バイオ工学推進機構
設立発起人 近藤昭彦、大澤朗、荻野千秋

組織概要

名称 一般社団法人 先端バイオ工学推進機構
(英語名称:Organization for Engineering Biology )
代表理事 近藤 昭彦
事務局 〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1
設立 2018年(平成30年)10月1日
目的
  • バイオ×デジタル×ロボティックス、あるいはビッグデータを活用したバイオ技術開発によるスマートセルインダストリーの実現
  • 先端バイオ工学技術を活用した、バイオベース燃料・化学品、機能性食品素材、ニュートラシューティカル等の研究開発・事業化の推進
  • 宣伝や政府への提言を通じた、世論形成
  • 多くの大企業、ベンチャー企業が集結した場を形成し、オープンイノベーションによる研究開発の推進
  • 先端バイオ工学技術を活用できる人材の育成を産学連携による推進
事業内容
  • 産業ニーズの高い技術開発の選定や先端バイオ工学センターと連携した予備的な研究開発の実施
  • 産学連携の大型の国家プロジェクト等の立案と予算申請
  • 先端バイオ工学センターへの共同研究の橋渡し
  • 先端バイオ工学センターによる技術相談、機器使用の橋渡し
  • 産産学によるオープンイノベーションの推進
  • 国際的な研究開発、産業動向調査の実施
  • 情報交換の場としての勉強会・講演会の開催 ・先端バイオ工学を推進する人材育成

会員一覧

正会員 旭化成株式会社
出光興産株式会社
株式会社伊藤園
花王株式会社
株式会社カネカ
株式会社島津製作所
シン・エナジー株式会社
Spiber株式会社
株式会社ダイセル
太陽化学株式会社
東ソー株式会社
東洋紡株式会社
長瀬産業株式会社
株式会社日本触媒
株式会社林原
株式会社日立製作所
丸善製薬株式会社
三井化学株式会社
三菱ケミカル株式会社
明治ホールディングス株式会社
森永乳業株式会社
準会員 味の素株式会社
アジレント・テクノロジー株式会社
天野エンザイム株式会社
株式会社アルビオン
小川香料株式会社
オーピーバイオファクトリー株式会社
関西化学機械製作株式会社
キユーピー株式会社
株式会社クボタ
神戸天然物化学株式会社
株式会社コスモステクニカルセンター
株式会社シンプロジェン
帝人株式会社
DIC株式会社
ノボザイムズ ジャパン株式会社
株式会社ブリヂストン
ロート製薬株式会社
賛助会員 AGC株式会社
不二製油グループ本社株式会社
富士フイルム株式会社
プリマハム株式会社